dark_souls_3
お待たせしました、じんないです。

ここ最近は、ダークソウル3を遊んでおります。
発売からすでに3ヶ月が経っていますが、いまさらのスタートです。これがけっこう楽しい。

ということでいまさら需要のなさそうなファーストインプレッションを。

トレーラーはこちら

目次

  1. ダークソウル3とは
  2. プラットフォームについて
  3. どんな感じで遊んでいるのか
  4. ファーストインプレッション
  5. おまけ

ダークソウル3とは

有名なシリーズタイトルなので、ご存じの方も多いと思いますが、念のため。

ジャンルとしては「RPG」で、世界観は「ダークファンタジー」な感じです。

いわゆる「死にゲー」と言われているゲームシリーズで、「死んで覚える」ことで攻略していくのが、このゲームの醍醐味となります。

「すぐ死ぬなんてイライラするだけじゃん」

と思うかもしれませんが、そうでもない。
それがこのゲームの不思議なところなんですよね。

RPGなので、キャラクターの育成や装備の強化によって強くなっていく面もあるのですが、このゲームでは「プレイヤー自身のレベルアップ」が実感できるんです。

序盤のボスなどがいい例で、初めて対峙したときは死にまくったものですが、別キャラを作って再び戦ったら案外あっさり倒せちゃって感動しました。

どんな感じで遊んでいるのか

ダークソウル3ではキャラクタークリエイトが細かくできます。
私のようなキャラクリ厨にはたまらないゲームのひとつというわけです。

また「素性」という要素がキャラクリの中にあり、選択した素性に応じて、初期ステータスや装備が変化します。

キャラクリの幅が広がるということですね。

そんなこともあって、キャラクリしまくっているわけですが、少し間引きまして、いまのところ6キャラを同時並行で育てています。

No 素性 育成方針
1 戦士 適当(おおむね脳筋)
2 騎士 上質(脳筋より)
3 盗人 上質(技量より)
4 魔術師 純魔
5 呪術師 信魔
6 持たざるもの 脳筋

各キャラで足並みをそろえるように攻略をする、という無駄ばかりで鈍足な攻略なのですが、けっこう楽しんで遊んでいるので、個人的には全然アリな楽しみ方だと思っています。

ファーストインプレッション

私は、ダークソウルシリーズをそんなに遊んだことがないので、過去作との比較はできません(デモンズソウル、ブラッドボーンはちょっと遊びました)。

純粋に本作を遊んでみて思うのは「よくできてるなー」ということです。

難しいゲームではあるのですが、理不尽な難しさというものはなく、禿げそうにもなりません(いまのところは)。

マップも探索しがいはあるけど、疲れて嫌になるほどではありませんし、操作自体も難しくないので、気が付くと長時間プレイしていることもしばしばです。

ハードコアゲーマー向きではあると思いますが、「なんか夢中になれるゲームないかなー」と思っている人は、手を出してみるのもいいかもしれません。

やり尽くした頃にまた、最終的なレビューを出そうと思います。

おまけ

もしかしたらプレイ日記を書くかも。

どう思う?

トレーラーはこちら

デビュートレーラー - E3 2015

トレーラー第1弾 - gamescom 2015

オープニングシネマティックトレーラー

ロンチトレーラー

デモプレイはこちら

GamePlay Footage - PSX 2015