thumbnail
満足度
7/10
緊張感のある難しいバイオハザード。

PlayStation 3 を購入して真っ先にプレイしたバイオハザード5を紹介します。サバイバル感あります。

このゲームについて

人気シリーズ「バイオハザード」の5作目。主人公は初代の主人公でもあるクリス・レッドフィールドです。ずいぶん老けたな。

ラクーン事件の後、アンブレラの崩壊により生物兵器は
テロリストたちの手に渡り、世界にはバイオテロが蔓延した。
責任問題を恐れた製薬企業連盟は、
対バイオテロ部隊「BSAA」を組織、鎮圧活動を行う。
洋館事件から10年後、主人公クリス・レッドフィールドが
バイオテロの脅威にさらされた灼熱の大地、アフリカで
シリーズ最大の恐怖に遭遇する。

via CAPCOM:バイオハザード5 / ゲーム概要

ウェスカーとの戦いに終止符を打つ、バイオハザードの中でもひとつの区切りとなる作品です。プレイしていくと解けていく謎はファンなら堪らないものが多くあります。

グッドポイント

まず、このゲームは難しかった。最後まで「難しいよ〜w」とヒィヒィ言いながらプレイしたタイトルです。

緊張感が堪らない

良かった点はまずその「難しさ」です。少ない弾薬で心許ないのに、敵が出てくるんじゃないかという緊張感。ドキドキして堪りませんでした。

敵が迫ってきて怖いし焦ってショットガンでもぶっ放したいけど、冷静にヘッドショットを狙っていかないと、すぐに弾がなくなってしまう。この「緊張感」は最高でした。

操作性はシリーズ最高かも

操作性も良かった。装備の切り替えが十字キーでサクッとできるため、リアルタイムな装備の切り替えができるようになっています。メニューを開いてもゲームは進行しているので、安全を確認して開かないといけないし、このゲームのリズムを下手に止めないゲームプレイがとても気に入りました。

武器の共有システムは良くできてる

バイオハザード5では武器やアイテムをパートナーと共有する仕様になっています。ただ武器はそれなりに拾えるので、あまり買う必要がなく、武器のカスタマイズにお金をかけることができます。これはけっこう嬉しかった。

AIもけっこう頭がいいのか、プレイヤーが装備している武器の弾薬を拾うとプレゼントしてくれたりします。ありがとう。

宝石の売却が楽で助かる

あとは、宝石の売却が楽で助かりました。前作では組み合わせて価値を上げてから売却する、という宝石が多くありましたが、本作ではその組み合わせ要素はなくなりました。これはすごくありがたいです。あれ、本当に面倒くさかった。

ジルが可愛い

ジルが可愛い。

やれば分かります。

バッドポイント

銃撃戦がダルい

生物兵器として改良を続けられてきたBOWはついに銃器を活用して銃撃戦を繰り広げてきます(4でもあったけど)。

これが微妙。それはバイオハザードに求めているゲームプレイではないかなー。

シェバとの持ち物交換がダルい

持ち物ボックスがかなり狭いので、パートナーとの持ち物交換・整理は必須になってきます。が、これがけっこう面倒。

先にも挙げたとおり、メニュー操作はリアルタイムに行われるので、落ち着いた場面でないと持ち物交換が難しい。しかも、場面によってはシェバが言うことを聞かずに交換できないこともある。これがけっこうストレスになったりします。

シェバが邪魔なときがちょいちょいある

今回のAIは後ろに付いてくるだけでなく横に並び、場合によっては前に出て積極的に敵を攻撃してくれます。

ただ、それが仇となって、敵を狙おうとしている私の前に出てきて「前が見えなーい」っていうことがちょいちょいありました。マイナスポイント。

攻略法が分かるまで倒しようがないボスキャラ

初見プレイではとにかく死にました。なぜなら倒せない敵キャラが多かったから。

敵を怯ませてから接近してアクションを決めていかないと倒せないとか、特定の部位を攻撃していかないとダメとか、説明もなく、不親切なボスキャラが多い印象でした。

オール・ユー・ニード・イズ・キルしまくるボスキャラばかりです。

追加コンテンツ「Lost in Nightmare」のドア開閉アクション

追加コンテンツでは本編につながる洋館事件をプレイすることができます。

このコンテンツでは初代バイオハザードに似た洋館であることから、それに合わせた演出としてドアの開閉アクションがFPS視点に切り替わり、キーっと音を立ててドアが開きます。

この演出はいらないかな。リズムが崩れて、いまいち気持ちが乗りませんでした。

総括

バイオハザードは「4」以降、アクション性が強くなってしまった、という意見をよく聞きますよね。確かにそうだとは思います。

しかし本作は少ない弾薬、アイテム所持可能数の少なさ、強力な敵キャラクターによって緊張感のあるゲームプレイができます。個人的にはかなり面白かった。

物語もアンブレラやウェスカーの謎が解けるひとつの区切れ目でもあるので、ファンならプレイする価値は十分あるでしょう。

タイトル バイオハザード5 オルタナティブエディション
ジャンル
シリーズ
プラットフォーム , ,
制作会社
声優
タグ
公式ホームページ CAPCOM:バイオハザード5 / ゲーム概要

どう思う?

トレーラーはこちら